インフォメーション

2013/05/12 記事を追加しました。

2013/03/21 サイトがオープンしました。

line

娘の結婚式費用を即日融資で借りました

私はこれまで即日融資の経験がありませんでした。というのも、手続きが何かと面倒そうで、時間がかかりそうだったからです。 しかし、最近私の一人娘が結婚するということになり、その結婚式の費用に困っているとのことでした。それほどお金に困った生活をしているわけではなかったのですが、急に大金を必要になると私も手持ちがなく、どうしたものかと困っておりました。次の給料日まで待つわけにもいかず、なるべく早めにお金を手配しなければなりませんでした。 そこでカードローンというものに出会いました。カードローンは、キャッシュカードのようなものを発行して、近くにあるATMなどを利用することでお金を簡単にキャッシングできるというものです。

即日融資で助かりました

もう、大分昔の話になりますが、当時、自宅の裏庭の一角をリフォームしたくて、工務店の方に見積もりをお願いしていたんですが、当初、予想していた以上のお金が必要になってしまい、話もそこから進められなくて、困っていたんです。 とは言っても、お金がまとまって入ってくる予定はないし、誰かからお金を借りるわけにはいかないしと、しばらくの間は家族で毎日その話をしては悩んでました。 そんな時、この近くにカードローンを契約できる金融会社の話をしてくれた知り合いがいまして、そこなら即日で融資してくれるよと、自分もお金が必要になって困った時に貸してもらって、今もその会社を利用してるけど、特に今まで難もなかったよとのことだったので、善は急げとばかりに、そこのカードローン会社と契約を結ぶことにしました。 初めてカードローンして、ATMでお金を下ろしたときは、自分の給料より多いお札の束を見て、かなり緊張してしまいましたが、工務店の人達とも話を再開できて、リフォームも順調に進みましたし、カードローンを契約して、結果的に良かったなと思いました。

銀行のカードローンを利用してみて

私は今現在も銀行のカードローンを利用しています。

昔消費者金融からお金を借りたこともあったのですがやっとの思いで全て返済し終え何とか0からスタートできると思っていました。

派遣の仕事をしていたので普通のOLのように安定はありませんが普通のOL以上の収入はありました。
もちろんボーナスなどはありませんが毎月の給料は多くそのおかげで完済できたのです。

でもやはり派遣。 いつかは切られると思っていましたがその時が来ました。
私は失業。
そして再就職したら収入は一気に減りました。

消費者金融でお金を借りる苦労は十分理解していました。
返しても返しても減らない元金。
利息が多く結局また借りてしまうサイクル。

そんな時銀行のATMでカードローンを知りました。
自分のキャッシュカードでお金を借りれると言うしくみ。

銀行だからそんなに利息も高くないだろう。
そういう甘い考えで私はまた借金をしてしまいました。

銀行だからと言っても利息はその辺にある消費者金融と大差なかったのです。
自分のキャッシュカードから引き出せる分お金を借りてると言う感覚も鈍くなっていたのかもしれません。

気付けば馬鹿な私はまた50万円と言うお金を借りていました。

今現在も毎月1万円づつ返済しています。
利息は1万円のうち6千円ほどです。
結局毎月自分に取って大切な1万を返済しても4千円ほどしか減っていないと言うことになります。

また地道な返済の生活が始まりました。